探偵に依頼できる仕事の種類とは?

>

警察よりも頼りになる?

この記事をシェアする

盗聴器・盗撮器発見調査

意外と多いのが、盗聴器や盗撮カメラが仕掛けられていないかといった調査依頼です。
今や探偵の重要な仕事の一つとも言えます。

主に、自宅や社内で盗聴や盗撮が行われていないか調査を行います。
これも調査で発見できる盗聴器や盗撮器は探偵社の技術力によって特に大きく変化しますので、この調査を得意とする探偵社を探しましょう。

このような業務は、他の専門業者も多く存在しているので、そちらに依頼しても良いかもしれません。
探偵社へ依頼することのメリットとしては、例えばこの調査に端を発するストーカー調査などといったことにそのまま移行してもらえるということです。
もちろん別途料金が必要になるかと思いますが、新たに業者を探す手間が省けたり、調査内容をそのまま利用して引き続き調査を行ってもらえたりという利点があると言えます。

ストーカー調査

探偵によるストーカー調査は、まずは依頼者の周辺の監視作業から始まります。
そこから相手を特定し、例えば警察に被害届を出すのに十分な、ストーカー被害の証拠集めを行っていくのです。
探偵社によっては、ストーカー被害への具体的な対応策を考えてくれたり、適切なアドバイスを行ってくれたりします。
そのため「ストーカー対策」や「ストーカー対策調査」とも呼ばれることがあるようです。

このような調査は自身で行うのはもちろん危険ですし、身近な人に依頼するとかえって逆効果になってしまうことも考えれます。
ストーカー対策を依頼するというだけでなく、いざという時のために十分な証拠を持っておくという点からも、探偵社に依頼するのは有効な手段と言えるでしょう。